やっぱり一戸建てに憧れる

マンションを購入した時には、その場所に一生暮らしていくつもりで購入をしたはずです。
しかし、実際に住んでみたら思っていたのと違ったという事もあるでしょう。

例えば、思った以上に上下階の騒音が気になってしまったとか、
エレベーターが混んでしまって大変だとか、いろんな不満が出てくることもあります。

こういった不満がたくさんつのってくるとなると、
住み替えを検討しなくてはならなくなるでしょう。

しかし、同じようにまた他のマンションに住み替えるのであればあまり意味がありません。
そういった理由で住み替えを検討するのであれば、
戸建てに引越すことを考えたほうがいいといえます。
そうすれば騒音もあまり気になりませんし、エレベーターを利用する必要もありません。

賃貸にして家賃収入を得る

そこで、マンションから戸建てへの住み替えを考えているのであれば、
今まで住んでいたところはどうすればいいのでしょうか。

その場合の選択肢として多くの場合は、売却をイメージするかと思います。
しかし、購入時のローン残高がまだまだ大きいという場合には、
売却して得られる金額では、ローンを支払いきれない場合もあります。

そういった場合には、賃貸として貸し出して得られる家賃収入を、
ローン残高の支払いに充てるという方法もあります。
この場合、新たに購入する一戸建てについては、ある程度の資金を用意するか、
既存物件をマンション 一括査定である程度の資金を賄い
さらに新たに住宅ローンを組むことになります。

賃貸にして家賃収入を得る

部屋数や間取りによっても借り手がつきやすいかどうかも変わってきますが、
比較的新しい場合であれば借り手も付きやすくなります。
ですので住み替えを考える時には、売却をした方がいいか賃貸にした方がいいか。
状況によって変ってきますので、ご自分の経済状況と照らし合わせた上で、
じっくりと検討する必要が有ります。

売却したいならまずは急がず焦らず

現在住んでいるマンションのローン残高はほぼ返済済みという場合には、
マンションを高く売ることが出来るのであれば、
そのほとんどを戸建てを購入するときの資金にすることが出来るようになります。

当然ですが、高く売ることが出来れば出来るほど、
戸建てを購入するのが楽になりますから、
マンションの売却時には、できるだけ高く売ることがポイントになります。

そこで、マンションを高く売るためにはどのようにすればいいのかというと、
非常に基本的なことですが、時間に余裕を持って売るようにするという事なのです。

もしも急いで売りたいそぶりを出してしまうと、その分低い値段を提示されてしまう可能性があります。
そうなってくると、戸建を購入するのが苦しくなってしまいますので、
決して急いでいるそぶりは見せないようにしておくといいでしょう。

マンションを高く売ることが出来れば、夢の戸建の生活も現実のものにしやすくなりますので、
売る前にはしっかりと計画を立ててから売ることを考えなくてはなりません。

一戸建てに住み替え Contents

COPYRIGHT© 2014 一戸建てに住み替えるには ALL RIGHTS RESERVED.